momoko ando official blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国っす。事件っす!

ついに帰国の日です~。
前日夜中まで同級生と日本人監督チームでさようなら会をし、もちろんの事パッキングも
有ったので徹夜でヒ~スロ~空港へ~♪
IMG_1129.jpg
(同級生達と~ )
IMG_1134.jpg
(飛行場に向かう途中、美しき朝焼け、、、この後悲劇が待っている!)

かなりグロッキーな体調でチェックインカウンターへ。
と、最悪な事態。なんと、なんと、荷物が重いから超過料金900ポンド払えとさ!
900ポンドとは日本円で13万円!
いやいやいや、、、払いませっん!てか、払えましぇん!
イギリス人は毎回荷物の重さに厳しいとは知ってはおりましたが、1gも許さんような態度。人の意見も聞かず、はい。ダメです。と、、、。あっさりスッパリ切ってきます。

なら、輸送します!と言い、大荷物を抱えて他のターミナルへ全力疾走。
出発までそんなに時間がないぞ~!フライト逃したら笑えねーぞ~!

なんとかシッピング会社へ到着。
成田まで!と言うと、とってもおっと~りした女子がパソコンを見ながら、
女子「narita?ナリタは無いです。そんな小さな飛行場じゃなくってもっと大きな飛行場を言   ってくださーい。」
と言うのです!
ワシ「成田はいっちゃんでっかい飛行場だっちゅうに!」
どうやら、イギリス人では無いようで、英語も通じない。。。
てか、英語以前に常識がなんも通じない!
5分程意味不明な会話を交わしたあげく、
女子「ご自宅まで直行でなら届けられますが、ちょっと高いですよー」
ワシ「最初からそれ言え!!!」
てな感じで、やっとこ荷物を預けました。
と思ったら、鞄の中をスキャンした時に発見されたお土産用のクッキーやら紅茶は税関で罰金を取られる可能性があるから出せ!というではないですか。。。

もーホントに時間無いよーー!
結局鞄全部開けて紅茶とかクッキーとか出し、捨てる事も出来ず、全て担ぎ。。。
2週間分の溜まった下着も出して手荷物に入れ、(だってこれシッピングしたら日本でワシの着る下着が一着も無い!)
結局全身に持てる限りの荷物をくっ付けて、またもやゲートに向かって全力疾走!

今回、帰りはチケットが取りにくかったこともあり、フランクフルト経由の日本行き。
ドイツに着いたら少し免税品でも見て楽しもう♪
とか思っていたが、全身に着古した洗い物の下着と紅茶と、クッキーとその他訳分かんないものをぶら下げている私は、もう何も買いたくないのでした。。。

あああああ、、、、最後まで素晴らしき体験をさせてくれたイギリスへの旅。
ある意味、ホント、一生忘れない思いでさー!
だから、マゾな私はイギリスが大好き!♡

もう一つのオチ。。
荷物ぶら下げすぎて、シッピング手続きの場所に枕を忘れて来た。
なんで枕持ってんの?!って感じでしょうが、長旅には必要不可欠でっせ。
今頃ヒースローの清掃のおっさんにでも拾われてんだろーな。
サラバ!私の枕よ!
スポンサーサイト

ついに、最終日!クロ~~~ジング!

本日、ついに来ました!レインダンス映画祭クロージングの日です!

あぁあぁ。。。到着してから今日までほんっとに色々あったな。。。
なんて、感傷に浸っておる場合では無いす。

朝から、実は5年前ロンドンを去った時に置いて行ってしまった自分の絵や、服(どんな服置いてったかも覚えてないですが、、)CD等の荷物を、友達のエミリーの家に取りに行くべく、アーチウェイというちょいと遠~い場所まで出発。

地下鉄のってゆらゆらと、、、、あ、反対方向に乗ってしまった!!
降りて、またまた乗り換えて、、なんてバカなんでしょうか私。
着くまでにかなり時間がかかった。

荷物を持ってホテルに帰り、中身を開けてみると、、、、過去の思い出がカビ臭くなってつまってましたよ。
何故か、ライダースのジャケットが3枚も。それと、ブラックメタルのCDが10枚。
どれも、もうどんな曲だったかも忘れてますよ。
こんな怖いCDを私は聞いていたのか!!ってくらいかなりマイナーな絶叫系のブラックメタル。。。青春?!?

さて、そんなことをしておる暇は無い。
クロージングに行くべし!
さっさと着替えて、映画館に到着。
私はドキュメンタリー部門の審査員をやらせて頂いていたので、プレゼンターをしました。
DSCN1330.jpg
(クロージングセレモニー!)

まああ、緊張しましたわ。
すんごい人がいっぱいいるんですもん。(当たり前ですが。。)
で、発表!!!

じゃじゃじゃじゃ~~~~~~~~ん!
ななななんと!日本のドキュメンタリー、土屋トカチ監督の「フツーの仕事がしたい」(A Normal Life, Please)がベストドキュメンタリー賞を受賞しました!
DSCN1335.jpg
(受賞した土屋監督とガッツポーズ!!)

発表した瞬間、私自身も嬉しくて絶叫。
土屋監督と抱き合ってしまいました!

同じ日本人として、こんなに嬉しい事はありません。
この作品は、顔面にパンチを食らうような力強い作品で、それでいて心の芯まで生きるという事の辛さと、人の美しさ、素晴らしさがしみ込みます。
こういう魂こそ現代社会に一番必要なのだ!と思わせる熱を持った作品です。

本当におめでとうございます!

映画祭とは、時にスポーツのようなのです。
皆それぞれの国の国旗を背負って、プライドを持って挑む。
そして世界共通言語であること。

今回の映画祭に参加した日本人監督皆、同じ情熱と志を持っているので、
帰国したら「雨踊りの会」をしましょうと、固く約束しました(笑)。

浜野監督、土屋監督、高橋監督、別府監督、本当にありがとうございました。
日本でも一緒に呑み続けましょう!

さあ、今日も呑みに出かけましょう!最後の夜じゃ~!

DSCN1347.jpgDSCN1348.jpg
(クロージングパーティにて、ドイツの映画ダーケストナイトの撮影監督とそのお友達のフォトグラファーと)

DSCN1338.jpg
(きれいなこのおねーさんに声を掛けられ会話中♡映画祭のファンドをやってるそう。)




しんじられん!

きのうは、飲み過ぎた~。
ジェームスも最後の夜なので、夜中まで映画人達と皆で集まりのんだくれ。
ほとんど寝ずに朝起きて、マッハで支度し、午後ニューヨークへ飛び立つイハ氏とランチをして、お見送り!
本当に、心からイハ氏に感謝です。。。
(しかも、帰り際にまだ使える地下鉄の一日券をくれた!ラッキーじゃ~!いい人じゃ~!)
IMG_1059.jpg
(別れ際、こっそりと靴下を見せてくれたジェームス。
派手ですよ。シマシマ!)



ジェームスとのお別れの感傷などに浸ってる暇もなく、「カケラ」の再上映に直行~。
平日の昼間の再上映なんて、、、お客さん5人とかだったらちょいと寂しいぞ!
あまり期待をせず、でもやっぱりドキドキしながらアポロシネマに到着。

え!?マジすか?!
席、ほぼ満席じゃないっすか!!!
信じられない気持ちで、通路の影の床にこっそり座って映画鑑賞。
なぜか、しみじみと改めて、感謝の気持ちで胸がいっぱいになり、
現場の空気、匂い、スタッフ皆の気持ちが走馬灯のように甦り、本当にこの作品を作る事が出来て幸せだ!とちょりっと泣いてしまいました。

上映2回とも満席は今まで無かったようで、一人でも多くの方に観て頂ける事が、何よりも最高の事なので本当に嬉しかったです。

てか、平日午後、みんな仕事さぼって平気なんかい?!

DSCN1312.jpg
(連日フィリックスで呑む皆。ここしか遅くまで開いてないんですよ。。。!)




リスペクト!

夕方からは~配給のレクチャー!
楽しみ楽しみ♡
と、思ってましたが、利益追求が根底に有ってかなり残念な中身でございやした。

その後、巻き寿司をテイクアウトして、(レクチャーの場所の隣はyo sushiというふざけた名前のイギリス的な回転寿司屋です)
アポロシアターに行くと、日本人監督3人プラスジャスパーが全員巻き寿司を頬張っていたのでゲラゲラでした!

これまでに300本ものピンク映画を監督された浜野佐知監督の「百合祭」を皆で観させて頂きました。10年近くも前の作品とは思えぬテーマと出演されている俳優陣に圧倒されました。
そして、Q&Aでの浜野監督のカッコ良さといったら、、、、!
人生一本ピーーーーンと筋が通っていて、日本映画界の中で女性監督の扉を開いて下さったのは、やはりこの浜野監督であると確信しました。

浜野監督との出会いは衝撃的で、運命を感じました。
だって、誕生日がなんと同じ3月19日だったんです!

恥ずかしくて書けませんが、ものすごく背中を後押しして頂けるお言葉を頂けました。

すんばらすぃーーーーーー先輩に大拍手です!!

セールスのレクチャーの巻
(レインダイス日本代表4人組。左から、高橋監督、土屋監督、別府監督、わし。)

ハマノ監督のお話
(浜野佐知監督とワシ!)

(浜野監督とお話出来て本当に光栄極まりないす!日の丸背負った監督軍団でパブに乱入!)

(浜野監督とお話出来て本当に光栄極まりないす!日の丸背負った監督軍団でパブに乱入!)


散歩。。

ほんの4時間睡眠で起床。
どうか昨日のプレミアが夢ではありませんように!
よっっしゃ!ゆめじゃな~い。カーテンを開けると、昨日の雨降りがウソのような快晴。
どこまでも広く青空が広がっている。
日本とのやり取りを済ませジェイムスのランチをアテンド。
ハイドパークを歩いてレストランへ。

散歩中。まるでアルバムカバーのような写真が撮れました~。絵になりますね。
(散歩中。まるでアルバムカバーのような写真が撮れました~。絵になりますのー)

絶好の散歩日和で犬達は自由に走り回り、栗拾いをする人々、ジョギングをする人々、のんびり、ゆったりと時間が流れてゆき、初めてロンドンでホッとしました。
ジェームスはオヤジギャグの連発で、「あなた、本当にスターなの?」という疑問が、、、。(スミマセン)
ランチは公園の中のレストランで。レストランと言っても、カフェみたいな感じだったんですが、。
イギリスもご飯が美味しくなったもんだ!とちょっと感動しました。

今日の夕方からは配給のレクチャーと、「百合祭」を観に行ってきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。